プロフィール
Kanaeru photo

代表 フォトグラファー まえりこ

●双子を含む3人の子供(男・女・女)のパワフル母ちゃん
●自身は3人兄弟の真ん中で男兄弟の中で育つ
●神戸出身、豊中在住の生粋の関西人
●テニス・バスケットボール・カメラ・赤ちゃんが大好き

年間100名以上撮影
生後21日までの生まれたばかりの赤ちゃんの可愛さを神秘的に映し出す
ニューボーンフォト専門のフォトグラファー

影時に
すぐ使える!寝かしつけや抱っこのコツなどママに合った育児に役立つコツを直伝しています

「ママやパパにたくさん可愛い写真を撮って残して欲しい!」
という思いから
保育園や起業家、ママ向けにスマホカメラ講座を開講しています

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

なぜKanaeru photoをはじめたのか?

『ニューボーンフォトを通して産後うつや育児ノイローゼのママを減らしたい』

 

 一眼レフカメラを初めて手にしたのは
長男1歳の初運動会のとき

いま思えば、
生まれる前からカメラのことを分かって持っておいたら良かった思う
シロモノです

当時は
カメラの知識も全然なくて使えこなせず、
ただただオートで撮りまくっていただけ

ほとんどボツ写真だったことを今でも覚えています

 

記念日があれば出していたカメラも
次第に
タンスの肥やし化

結局
スマホ頼りでした

 

10数万かけて買ったのに……
楽しさがわからなかったんです

そのあと
双子が誕生!

悲しいことに
双子育児は想像以上に
忙しすぎて0歳児の記憶がほとんどないんです

まさか
こんなに記憶に残らないとは思っていませんでした

スマホの写真を
見返してみると
なんか可愛く撮れない
いつもおんなじような写真

 

せっかくモデルは可愛いのに
なんでこんなにイマイチなんだろうか?

どんどん成長する双子に追いつかないカメラスキルに焦りました

このままじゃいつまで経っても
大した写真が残せない!
「もっと可愛く撮りたい!」
「家族写真も自分でたくさん残したい!」
という気持ちが強くなりすぎて

ついに
カメラスクールに通い出しました

 

そこから
道が開けたのです

スクールで出会った方から
育児経験が豊富だし、写真も子供も好きだし
「ニューボーンフォト」が
向いているんじゃない?と声をかけられたんです

 

それまで
ニューボーンフォトの存在を知らず、
即、検索したら
たちまち神秘的に映し出されている新生児の姿の虜に!!

そして
即ニューボーンフォト撮影チームで修行を開始し、
提携産院でニューボーンフォトを3ヶ月で50件近く撮影し
経験を積みました

 

撮影していて幸せを感じるのは
めいいっぱい楽しんでくれるママ
リフレッシュできたと喜んでくれるママ
悩みを聞いてもらえて楽になったと言ってくれるママ
旦那さんに言いたいことをうまく伝えてくれたと喜んでくれるママ

 

可愛く写真を撮ってもらうことに併せて
ママたちが幸せを感じる表情や感想をいただき、
私も嬉しく幸せに感じると共に
生後21日までに訪問する価値を与えていただいていると思います

 

産後すぐ
特に第一子の場合わからない事だらけで
何が合っていて
何がわからないのかも分からない
手探りの日々

私自身がそうでした

なんで泣いているの?
寝床においたらすぐ起きちゃうのなんで?
好きなだけおっぱいあげているのに
すぐ欲しがるのはなんで?

退院して帰宅し、
6時間後に泣いていました

 

分からないことが多すぎて
不安から
心が折れてしまいました

 

そんな時
助けてもらったのは
子育て経験のある同世代のママの言葉や
話を聞いてくれるママ友
先輩双子ママのアドバイスでした

 

私はニューボーンフォトの撮影を介して
直接赤ちゃんやママにも会えます

どういう状況か目で確認して
お伝えすることができるので
なんでも聞いてください

パパに直接言いにくいことが合ったら
私からそれとなくお伝えすることもできます

 

寝かしつけのコツ
授乳のポイント
沐浴
保湿
抱っこの仕方
双子育児
男の子・女の子の育児経験
帝王切開経験
育休経験
授乳婦のお薬事情
など

ママのお困りごとが合ってもなくても
お話しを伺います

話すだけでも
だいぶ気が楽になった経験ありませんか?

お時間をご一緒させていただくのですから
ママの肩の荷を少しでも軽くできるように
全力でサポートさせていただきます

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

写真への想い


子供の写真は子育てを喜びに変えてくれる宝物

そして

ママの頑張る源に!

 


子供の成長は想像以上に早いっ!

気付いたら、
もう小学生に!

小学生になったら
なかなか写真を撮らせてくれない!
というママの意見が多数!!
(変顔したり、嫌がったりする子が増えます)


小さい時が写真を撮る最大のチャンス✨✨

 

育ては可愛いだけじゃない!
凹むことだってある
写真は幸せな時間に引き戻してくれる存在になります!

だからこそ
子供の写真、家族がみんな写っている写真、ママとのツーショットなど

お子様が「愛されていた」と感じる写真を
見たらママが元気になれる写真を

たくさんたくさん残して
見て、聞いて、お話して欲しいと思って撮影させていただいております^^

*・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・゜゚・*

♡ニューボーンフォトへの想い♡

「ニューボーンフォトで産後うつや育児ノイローゼのママを減らしたい!」

 

ニューボーンフォトのベストタイミングは生後10日前後

人生の80年とした中で新生児期はなんと0.001%とほんのわずか✨

ニューボーンフォトはその貴重な時期の神秘的な赤ちゃんを
綺麗にポーズをとって写真にする撮影です

ニューボーンフォトを撮影することで
生んだ感動、生まれた感動、小さな命への想いを写真に刻むことになります✨

育ては本当に可愛いだけじゃありません!

日バタバタで
余裕がないことだって
親が泣きたくなることだってある
頑張っているけど、空回りすることだってある
ツライと思うこともあるかもしれない

ましてや新生児の時期は
ママの体は出産のダメージを受けていたり、
女性ホルモンの影響もある中、
目の前にある小さな命を守るため必死です

わからなくても手探りでも育児を行っている

「これで母乳は足りているのかな?」
「体重は増えているのかな?」
「なんで泣いているのかな?」

少しの変化でも不安になってしまいやすい時期です

そんな時期にお伺いするからこそ
写真を撮ること+αで私がお役に立てることがあると思っております

そんなときに撮った命の原点となる写真を見て

頑張って出産したことや
初めて我が子と対面した時の感動や想いを思い出して欲しい

あんなに「可愛い可愛い」と1日に何度も言ったこと
あんなに小さかったのにこんなに大きくなったということ
こんなに愛して育てているということ

そして

お子さまにも
出産のこと
命のこと
愛しているということを
伝えて欲しい

証拠として写真をみせてほしい

思わず見ると笑顔になってしまう
ほっこりしてしまう

そんな写真をご提供して
頑張るママの笑顔の時間をお届けしたいと
撮影しております